インプラントの寿命は

インプラントの寿命

レーザー

インプラントの寿命はどの位か

インプラントの治療はブリッジや差し歯などの治療に比べて他の歯への影響も少なくて済み、寿命が長いとは言われているものの、具体的な年数を言うには難しい点があります。手術後の口腔内のケアが重要でもあり、本人の日々のケアと定期的な健診によって医師に状態を確認してもらう事で長く使用できるような状態にする事は可能です。しかし、日々ケアをしていてもインプラントに負担のかかる口癖や噛み方、支えている土台の歯茎の骨の状態の変化にも寿命は影響はするので口腔内のケアにとどまらず、癖や身体全体の健康にも注意が必要です。

歯を欠損したならインプラント

虫歯や歯周病、怪我によって歯を欠損したならインプラントがおすすめです。自身の歯のように自然な見た目にすることが出来て、機能性も上がります。1本の歯から利用することが出来て、全部の歯にも対応しています。治療方法は、歯が無い部分にインプラントを顎の骨に埋めて、義歯を付ける方法で入院をする必要がないほど短時間での手術となります。仕事や家事で忙しい場合であっても、気軽に利用することが出来て話さなければ家族にも知られることもないです。高額な治療方法になるため、しっかりと相談と説明を聞いてから行いましょう。

↑PAGE TOP

© Copyright 自分にあった脱毛サロン. All rights reserved.