インプラントの治療とは

インプラント治療って

レーザー

インプラントをしてみよう

生きていると、虫歯になったり歯のトラブルを抱えることもあります。交通事故などで、歯を欠けてしまったり、失ってしまうこともあるのです。以前は入れ歯などの治療が主流でしたが、最先端の技術ではインプラントで歯を作ることができます。顎の骨に金属を埋め込みます。固定させた後に、人工のセラミックの歯を被せるのです。治療内容を聞くと痛そうだなと感じる人もいるのかもしれません。しかし、麻酔を使用しますので、インプラントの治療中はほとんど痛みを感じることはないです。

インプラント治療の痛みは

インプラントは、麻酔が効いているため、痛みはほとんどありません。しかし、局所麻酔をすると、手術の声や音や振動は伝わるため、痛みはなくても、緊張や恐怖を感じたりする人がいます。局所麻酔とともに、半分眠った状態になる、静脈内鎮静法という麻酔を併用する場合もあります。その場合、意識がはっきりしない中で治療を受けることが可能なので、全身麻酔と似た効果の中で治療を行うことができるため、緊張や恐怖を感じずに治療をすることができます。インプラントで全身麻酔は、一般的な症例では使用されることはありません。

↑PAGE TOP

© Copyright 自分にあった脱毛サロン. All rights reserved.