脱毛の肌への負担を考える

痛みが少ない脱毛

レーザー

エステと美容医療の脱毛の違い

エステと美容医療の脱毛は、いくつかの点において違いがあります。その違いの代表的なものが痛みの強さです。エステで使用されるフラッシュ機器は美容医療で使用される機器に比べて出力が弱いため、感じる痛みも少なくなります。また、フラッシュを照射する前には肌を保護するためのジェルを塗布することから、肌への刺激が軽減されてさらに脱毛の痛みが抑えられています。出力が弱い分ムダ毛処理能力はやや緩やかになりますが、それでも一定回数の施術を繰り返せば十分に満足できる効果を得ることができます。回数が多くかかってもいいので肌への優しさを重視したいという人には、最適な方法と言えるでしょう。

エステと美容医療の違い

エステでは主に光を使って脱毛の施術を行います。黒い色に反応する光をムダ毛に照射することにより、毛根部にあるムダ毛の再生組織にダメージを与えていき、次第にムダ毛を薄く目立たなくしていきます。美容医療ではレーザーを用いて施術を行います。同じくムダ毛の再生組織にレーザーの光熱を伝わらせてダメージを与え、ムダ毛を生えなくしていくことができます。再生組織を弱らせていく点で両者とも似ていますが、その違いは痛みの感じる強さや効果にあります。エステの光脱毛は痛みを感じることが少ないですが、パワーが弱いため効果を実感するまでには比較的時間を要します。クリニックのレーザーでの施術は、濃くて太いムダ毛ほど痛みは強くなりますが、パワーが強い分ムダ毛を生えなくさせる効果は抜群で永続的効果が期待できる唯一の施術です。

↑PAGE TOP

© Copyright 自分にあった脱毛サロン. All rights reserved.